異業種の転職

転職前:機械設計から清掃業に転職した体験談。

自分は大学でロボット工学を学び、卒業後新卒で機械設計の仕事に就きました。仕事の内容は、クライアントからFA(ファクトリーオートメーション)機器の注文が入ると、クライアントの要望する仕事が出来るロボットを1から設計するというもので、私はそのロボット設計の見習いとしてスタートし、4年ほど勤めました。
4年勤めた後退社。退社を決めた理由としては、一緒に働いている先輩方が不健康で、人生を幸せに生きているように見える方が少なく見えたので、自分も将来こんな風になってしまうのかなと思うと不安になってしまったからです。

 

実際、設計の仕事はパソコンに向かっての座り仕事が大半で、納期が厳しい仕事ばかりなので残業も多く、自分の時間というのを本当に持てなかった人が多かったと思います。自分もその一人でした。

 

そこで、今度はもっと体を動かしながら、残業の少ない仕事にしようと考えました。そのときハローワークで清掃業の会社の求人があったので、応募し、合格することが出来ました。

 

応募したときは「清掃業ってなんだか楽そう。適度に体も動かせそう」という安易な考えしか持っていませんでした。しかし、清掃の分野に飛び込んでみて分かったのですが、清掃という仕事は、バリバリの体育会系の世界で、仕事が時間内に終わっていなかったら罵詈雑言を浴びせられ、場合によっては先輩から蹴りが飛んでくるような現場でした。

 

自分は前述したとおり、学生時代から理系分野で育ってきた人間であり、体育会系とは無縁であったので、そのギャップには驚きました。これは私の感覚ですが、理系の人は失敗をたしなめるときには、どこがいけなかったのか、理詰めで教えてくれる人が多かったと思います。

 

しかし体育会系の人たちは、失敗したら「バカヤロウ」が飛んできて、精神論(例:気合が足りないからだ等)で何とかさせようとする人が多いと思います。自分は理詰めで教えてもらうほうが納得できていたので、体育会系の教え方は納得が出来ないことがたくさんありました。

 

仕事は大きく分けて理系と文系と体育会系に分かれると思います。その中でも理系から体育会系はまったくの別世界であると思います。

 

仕事に対する考え方や進め方など、何から何まで価値観が合いませんでした。

 

今後転職を考えている人は、転職後の仕事が何系なのかをよくチェックしておかないと、仕事が長続きしないと思います。実際自分もそのギャップに疲れ、あまり長続きはしませんでした。

 

化粧品メーカーから飲食チェーンへの転職

 

人材開発から店舗管理

 

35歳の男性で、以前は化粧品会社の人材開発部でマネージャーをしていましたが、そこから飲食チェーンの店舗管理のマネージャーに転職しました。

 

以前の仕事をもう少し詳しく書きますと、化粧品の販売には美容部員等存在があります。大体はメーカーから化粧品店や百貨店に派遣して、カウンセリングなどを行って化粧品を販売する仕事です。私は彼女たちの採用、教育の仕事をマネジメントしていました。

 

そして転職後の仕事は、飲食チェーンで店舗を管理する役職としてスーパーバイザーがいますが、そのスーパーバイザーの管理と彼らを通じての店長やアルバイトの管理、マネジメントをすることです。

 

なぜ転職先にこのような異業種を選んだかというと、正直言ってほとんど考えていませんでした。

 

ただ、前職の上司がかなりパワハラで、そのままいたら精神を病んでしまうと思い、人事部などには訴えましたが、その上司が社長との係累のある人間で人事としても手が出せない、ということでした。それであれば自分から逃げるしかないと思い、職種、業種は考えず、ただ今までの自分の経歴を評価してくれて、処遇レベルが落ちない仕事、ということで探した時に、飲食チェーンの店舗管理のマネージャーの仕事を転職エージェントから紹介されたので、面接を受けたところ採用された、という経緯です。

 

受かってから逆に、全く異業種の中でできるだろうか、という不安を感じましたが、入ってみると、今まで自分のしていた仕事と共通点が非常にあって、むしろ思ったよりすんなりと仕事には入れた、という感じがしています。

 

というのも、飲食チェーンの店舗管理は、究極は社員とアルバイトの人材開発が仕事になるので、その点が前職のノウハウ、考えがそのまま使えた、というわけだからです。例えば、接客スキルを高めること、技術を磨くところなど、本当にそのまま同じです。

 

ということで、後先考えずに転職をしましたが、今ではなじんで思い切り仕事をしています。

 

パティシエからペットフード製造業へ

 

高校卒業後、地元の大手製菓・製パン会社へ就職しました。勤務は朝早くから夜までの約14時間労働でした。

 

この世界では当たり前となっていますが、残業代は一切支給される事無く月収20万円となっていました。

 

入社5年目には職場で事務をしていた彼女とも結婚する事も出来、1年後には待望の長男も産まれ幸せな家庭を築く事が出来ました。

 

その頃仕事においても管理職になっており月収は25万円にもなっていましたが、仕事時間は以前よりも長くなっていました。

 

以前は朝早くから行い19時には終えれていましたが、部下の管理等の事務作業も必須となっており帰宅時間は夜中近くになる事もしばしばでした。

 

嫁さんはその職場で働いていた為、内状は把握しており仕事に関しては一切口出ししませんでしたが、唯一の悩みは私が子供に全くと言っていい程構ってあげられない事でした。

 

私自身もまだ小さいから良いけど大きくなっても父として一緒に遊んだり出来ない事に悩んでいました。その頃から少しづつ求人検索を行っていました。

 

数ヶ月経った頃ある求人を発見しました。「犬のおやつ製造」・休日は土日祝・残業なしと記載されていました。これなら私にも出来るのではと思い応募しました。数日後面接をしたいとの声が掛かり面接を受けました。

 

話の内容を聞くとパンやケーキを作る工程と同じだと解り、この会社に入りたいと思いました。3日程して合格の通知を頂きました。

 

給与はこれまでとほぼ変わらない待遇で迎え入れて頂きました。そして翌月から働き始めました。

 

記載通りの休みで残業も全く無い為、子供との時間を過ごす事が出来ております。

 

私も嫁さんもこの会社に来れた事に感謝しています。


トップページ ブラック企業の体験談 仕事辞めたい 退職&転職活動