やりたい仕事

やりたい仕事が見つけた体験談まとめ

何度も転職してやっと見つけた自分のやりたい仕事

 

新入社員としてはじめて社会で働いたのが10年前。

 

あれから10年、何度も転職してをしました。

 

転職理由は色々で、仕事につまらなさを感じたり、ストレスが溜まりすぎて限界だったり、契約社員の時は契約期間満了で次の職場にという時もありました。
大学生で就職活動をしていた頃から、私の仕事を選ぶ基準は職種ではなく、雇用条件でした。

 

お給料、年間休日、賞与、福利厚生などです。自分の条件をより満たしている会社を選んできました。

 

初めての転職は25歳の時。

 

年齢も若いのでたくさんの選択肢があって、自分の条件にあった会社を選り好みしていたものです。新入社員で入った会社よりもお給料が良かったし、業務開始時間も遅くて魅力的でした。

 

小さな会社でしたが、社長秘書という職種の聞こえのよさがかっこいいなというのもありました。

 

前職はメーカーの営業事務だったので、ちょっと地味さを感じていました。転職はステップアップだと自分に言い聞かせて正当化していたような気もします。

 

その後の転職で社長秘書のとき以上のお給料はなかなか難しく、年齢が上がれば選択肢も減っていきました。

 

自分ができる仕事といえば事務系しかなかったので、前職よりお給料が良い、条件が良いというのは難しかったです。

 

ひょんなことから興味のあったWebデザイナーへ

 

そんな中、29歳の時、ハローワークのチラシを見て、ウェブデザイナーの職業訓練に参加しました。

 

軽い気持ちで受けた講座でしたが、この講座がきっかけで、ウェブデザイナーの仕事がしたいと思い、条件で転職先を探していた私がWebデザイナーという職種を第一に転職活動をするという変化を遂げたのです。

 

始めた頃は本当にお給料も安く、休日も少ない、サービス残業も多いと条件はかなり悪かったのですが、それでも辞めずに続けた結果、現在は、少ないながらも、過去最高額のお給料をもらえるようになりました。

 

この仕事が自分にあっていたのか、仕事が終わっても自宅に帰っても自然と自己勉強していたのが良かったんだと思います。

 

いまでは一日の大半を使う仕事が好きなことであるという幸せさを実感しています。過去1番の成功転職でした。

 

適職を見つけるには、複数の仕事を経験するのが1番!

 

私の場合は、4社〜5社の経験をへて自分に合った仕事を探すことができました。

 

Webデザイナーということで人気の業種であり、日々勉強する毎日で大変ではあるのですが、非常にやりがいのある仕事だと今でも思っています。

 

この天職を見つけるまでの経験で思うのは、やっぱり仕事は体験してみたいとわからないということです。

 

だから天職を探すには、どんどん自分で興味があることを仕事にしていくことが大切なんじゃないかと思います。

 

もちろん、転職しすぎるとjobホッパーとして見られてしまいネガティブなイメージや、実際にお給料もそこまで上がらない可能性も出てくるのでデメリットもあります。

 

それでも適職を見つけることができれば、後は仕事が仕事ではなくなるわけです。

 

そう考えるとデメリットも大きいかもしれませんが、どんどん違う仕事を経験することも悪くない選択だと思います。

 

適職探しは本当に難しいことだと思いますが、チャレンジする気持ちをわすれずにいればいつか見つかるものだと思いたいですよね。

 

頑張りましょう。

 

リクナビNEXTはこちらから。・・・適職や天職探しに迷ったら。No1サイトでどんな仕事があるのか見回わってください。きっと見つかります。

 

体験談その2.気まぐれが起こした奇跡

 

当時私は事務職をしていました。

 

私にとって奇跡が起こったその日は月に一度のお楽しみ。ネイルに行った帰りのことです。

 

天気はあいにくの雨。普段なら速攻帰宅していたのですが、なんとなく大好きなアパレルショップに立ち寄ることにしました。

 

お店に入ってブラブラと洋服を見ていると、店長さんに声をかけられました。

 

少し世間話をしたあと『よろしければ、一緒に働きませんか?』と?まさかのスカウトでした。

 

凄くビックリしたのと嬉しいのと戸惑いでいっぱいだったのを覚えています。その時は仕事もしていたので、また後日返事をする約束をし帰宅しました。

 

ずっと憧れていたショップ店員、しかも大好きなブランド、おまけにスカウト。

 

家に帰って母に相談し、『こんな事は滅多にない!』『悩む事ない!』『このチャンス掴め!』その言葉に即決めました(笑)

 

翌日会社に行き上司にこの出来事を報告。『会社を辞めアパレルに転職したい』と伝えると『ええー。居なくなるのは困るけど、やりたい事やもんな。凄いやん頑張れ!』快くOKくれました(笑)

 

憧れだったショップ店員。煌びやかな世界だけじゃない事を身をもって知りました。

 

アパレルとは体力仕事です。朝は早いし夜遅い。毎朝大量の納品にストック詰め。

 

おまけに10センチ以上のヒールで悲鳴を上げている脚。悩んだり、壁にぶち当たる事も沢山ありました。

 

ただ店頭に立ってニコニコしているだけではありません。でも、やっぱり思い出すのは楽しかったことばかりです。

 

お客様に喜んで頂けたり、顔を覚えれくれて仲良くなって尋ねて来てくれたり。スタッフみんなでワイワイ朝まで遊んだり。。あげればキリがありません。

 

現在は結婚して退社しましたが、今でもずっと仲良く続いているのはアパレル時代の戦友たちです。あの頃の思い出は私の宝物です。

 

 

その3.アパレルから事務へ転職。思いのほか自分にあっていました。

 

短大卒業後、就職した職場はアパレル関係でした。

 

自分が接客ではなく服を買う事の方が好きだという事に気づいた事、またその職場の方に事務系の方が向いているのでは?というアドバイスを頂き、ハローワークを通じての転職を決意しました。

 

事務という仕事自体初めてで不安に思う気持ちがかなりありましたが、わたしが選んだ職場は特に簿記の資格・事務経験の有無は問われませんでした。

 

先輩にExcelの使い方や経理の仕事内容を詳しく教えて頂き、始めてでも何とか仕事をこなせる様になりました。

 

その職場は鉄工所で鉄の加工を主に仕事としていました。

 

小さな鉄工所で、先輩の事務員が退社する代わりに私が雇われる事になりました。

 

仕事内容は、材料の受注・発注・伝票整理・お茶くみ・事務用品の買い出し等々です。

 

職場では海外からの労働者を積極的に採用していたので、その手続きの為に遠方まで車を運転するという経験も出来ました。

 

仕事は順調で職場での人間関係も良好で快適な職場だったのですが、そこの社長に気に入られてしまい交際を迫られてしまったので退社する事にしました。とても残念な結果になってしまったと思います。

 

私は商業系の学校も出ていませんし、資格も特に無く、何も分からないまま事務という仕事を選択し飛び込んで行きましたが、思い切った決断をして本当に良かったと思っています。

 

事務は1か月を通して同じ事の繰り返しになるのですが、だからと言って毎月全く同じ事の繰り返しではありません。

 

その月々の変化を察知し、上司と経理の状態等を考えながらする毎月の仕事は遣り甲斐があり、とても楽しかったです。

 

今は子育て真っ只中ですが、またぜひ事務の仕事をしたいと思います。


トップページ ブラック企業の体験談 仕事辞めたい 退職&転職活動